【原価堂】(@荒川区・町屋)リピーターで賑わうボリューム抜群の下町のラーメン屋さん

都電荒川線、京成本線、千代田線の駅がある「町屋」は荒川区の中ではラーメン店が多い場所で、ミシュラン、ビブグルマン常連のRamen にじゅうぶんのいち」、やファンの人気が高い家系ラーメンの「麺家千祥」、「町屋大勝軒 琥珀」、「麺屋愛心」といった有名店の他、沢山のラーメン店が集まっています。

そんな中、駄菓子屋さんから商売替えをしたという異色のバックグラウンドを持つ、町屋では老舗のラーメン屋さん「原価堂(げんかどう)」。

「原価堂」というお店の名前からお値段が安いようなイメージを受けますが、実際のラーメンのお値段としては一般的なラーメン屋さんとそれほど大差はありません。

それよりも何よりも、原価堂の魅力はお値段ではなくその「ボリューム」にあるということをこれからご紹介していきたいと思います。

関連記事

荒川区「東尾久」。都電荒川線が走る荒川区の北西部に位置する下町風情がある街です。筆者は町屋には良く買い物や食事にいくのですが、東尾久はあまり馴染みがないエリア。ただ、ここには「ミシュランガイド東京」に2018年から2020年まで毎年[…]

Ramen にじゅうぶんのいち 醤油そば
関連記事

都電荒川線「町屋駅前駅」の目の前の尾竹橋通りを隅田川方面へ歩いてすぐ、独特の3角の形状が自然と印象に残ってしまう建物の1階にあるのが今回ご紹介の家系ラーメン「麺家 千祥(めんやせんしょう) 」です。[caption id="attach[…]

千祥おすすめラーメン
関連記事

東京メトロ千代田線と京成線が乗り入れる荒川区「町屋駅」と町屋駅直ぐそばにある都電荒川線の「町屋駅前駅」。あまりメジャーではない?と言ったら失礼かもしれませんが、この界隈は実に沢山の美味しいグルメスポットがある荒川区の絶好の食べ歩きエ[…]

大勝軒琥珀 サムネ
関連記事

町屋駅周辺、荒川区では屈指のラーメン店の多さを誇る地域です。 美味しいラーメン屋さんは数多くあるのですが、もし美味しい坦々麺が食べたい場合はオススメのお店が「麺屋 愛心」です。元々は2015年に中華料理とラーメンを融合させたラーメン店を[…]

原価堂  立地について

「原価堂」外観
「原価堂」外観

「原価堂」は町屋駅前の「尾竹橋通り」を隅田川方面へ歩いて約7分程。

「町屋駅前の風景」
「町屋駅前の風景」

通りに面しているマンションの1階に暖簾を出し、テラス席?もあるかなり開放的な雰囲気のお店です。

お店にはドアがなく、通りからは中の様子をチラッと見ることができます。

「原価堂」外観
「原価堂」外観

原価堂 店内の様子について

「原価堂」内観
「原価堂」内観

原価堂の店内は細長い造りで、店内の両脇にカウンターが並びます。

合計で約10席程度でしょうか。

お昼時には明るい年配の店長さんと軽く雑談をしているリピーターさんらしき方で賑わっています。

アルコールは冷蔵庫から勝手に取り出す立ち飲み屋さん風のスタイルらしく、この辺りもリピーターさんは店長さんに声をかけ、手慣れた様子で冷蔵庫からアルコールの缶を取り出して「プシっ」といい音を立てて昼のみを楽しんでいます。

ちなみにお水もセルフサービス。お店の前に置いてある給水機で自分で用意します。

原価堂 メニューについて

「原価堂」メニュー
「原価堂」メニュー

メニューの写真・お値段は2022年11月時点のものです

「原価堂」のメニューは基本のラーメン類のほか、ご飯類やおつまみとかなりバリエーションが豊富です。

「原価堂」メニュー
「原価堂」メニュー

代表的なラーメンメニューは下記の通りです。

  1. らうめん  800円
  2. ちゃうしゅうめん  1050円
  3. ねぎらうめん  900円
  4. 辛正油らうめん  900円
  5. キムチらうめん  900円
  6. 赤味噌らうめん  900円
  7. 白味噌らうめん  900円
  8. 辛味噌らうめん  900円
  9. 黒ごま辛味噌らうめん  900円
  10. つけめん  900円

「らうめん」が800円、「ちゃうしゅうめん」が1050円でそのほかは全て900円とわかりやすい構成となっています。

ねぎらうめん

「原価堂」ねぎらうめん
「原価堂」ねぎらうめん

かなり大きめのチャーシュー2枚が惜しげもなく乗った「ねぎらうめん 900円」。

「原価堂」ねぎらうめん
「原価堂」ねぎらうめん

”ねぎ”と”もやし”が山盛りになってまるで二郎系のような見た目です。

「原価堂」ねぎらうめん
「原価堂」ねぎらうめん

スープはまるで味噌ラーメンのような見た目で、透明度ゼロに近い濃い茶色です。

最初の一口目の感想は、濃厚&スープの温度が低めで食べやすい。そして塩辛いです。

「原価堂」ねぎらうめん
「原価堂」ねぎらうめん

麺は一般的な中華そばよりは少しだけ太めの縮れ麺。

とにかく麺の量が多く、食べ進めてもなかなか減らないのですが、もちもち食感の麺は飽きずに最後まで食べることができます。

原価丼

「原価堂」原価丼
「原価堂」原価どん

しっとりチャーシューが乗った「原価どん 200円」。(ランチは200円、ディナーは300円)

こちらは丼単品では頼むことができず、麺類を頼んだ方のみがオーダーできるメニューです。

とにかく量が多く、ラーメンのサイドメニューの小丼のような感じではなく、この丼一杯で通常の1食分に相当するのでは無いかと思えるボリュームです。

しっとりとした味濃いめのチャーシュー、ねぎ、ご飯の相性が抜群によく、悪魔的な美味しさ。

この丼だけでも食べたいですが、麺類を頼まないと食べられないというプレミアメニューです。

おしまいに

「原価堂」外観
「原価堂」外観

”らうめん”と”原価丼”のコンビネーションのボリュームは凄まじく、とにかく腹パンパンになりました。

二郎を食べた後のような、夜ご飯も食べなくても良いほどの満腹度。

とにかくラーメンを腹一杯食べたい!というときには最高のラーメンです。

本文中で紹介のメニューとお値段

 

メニューとお値段ねぎらうめん 900円
 原価丼 300円(ランチは200円)
店内環境
接客対応
コスパ
ボリューム
オススメ度
2022年11月現在(料金は税込み)

店舗詳細とアクセス

 

店舗名原価堂
アクセス東京メトロ 千代田線 町屋駅から徒歩約2分 都電荒川線 町屋駅前駅から徒歩約5分
営業時間

【水・木・土・日曜日】
11:30~14:00
18:00~21:00

【月・火・金曜】
定休

2022年11月現在

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村