TAG

エビ・カニ

  • 2022年6月24日

【ゾウリエビ】ってどんな味?とても珍しい「ゾウリエビ」の食べ方と味について

「ゾウリエビ」というエビをご存知でしょうか? その名の通り、まるで「草履」のように平べったい体をした15cmほどのエビで、都内のスーパーで見かけることはほぼ不可能。水族館に行ったほうが出会える可能性が高いのではないか、という程珍しいエビです。 日本では南の地域に生息し、まとまった量が獲れないので都内に出回ることは非常に稀。 そのため大きさの割にはかなり高価なエビです。 ゾウリエビの分類 十脚目>イ […]

  • 2022年6月21日

【ヒラガニ(ヒラツメガニ)】安いのにカニミソが絶品 カニ好きにオススメ

「ヒラガニ(ヒラツメガニ)」というカニをご存知でしょうか? 和名は「ヒラツメガニ」ですが、地方によってヒラガニ、ヘラガニ、エッチガニ(助平なカニではなく、甲羅の背中にHの模様がある為)、などと呼ばれています。 ワタリガニのような見た目をしていますが、別の種類のカニで、安価なのに非常に美味しいカニ好きには嬉しいカニです。 ヒラガニ(ヒラツメガニ)の分類 十脚目>短尾下目>ガザミ科>ヒラツメガニ属 > […]

  • 2022年6月3日

【シマエビ(モロトゲアカエビ)】スーパーでは見かけないレアな美味しいエビ”シマエビ”の味と食べ方について

シマエビ(モロトゲアカエビ)というエビはご存知でしょうか? シマエビというと、北海道の名産「北海シマエビ」が有名ですが、今回ご紹介の「シマエビ(モロトゲアカエビ)」は北海シマエビと形はよく似ていますが別なエビです。 北海シマエビは火を通す前は緑色っぽい色をしていますが、シマエビは体に縦に白い縞があり、鮮やかな赤い色をしています。 体長は10cm〜15cmを超える少し大きめのエビで甘海老よりも大きく […]

  • 2022年5月22日

【2022年シーズン・テナガエビ釣り@荒川】釣果報告

2022年のテナガエビ釣りの釣果報告 2022年5月、テナガエビ釣りのシーズンがやってきました。 2020年、2021年に引き続き、こちらでテナガエビ釣の釣果について報告していきたいと思います。 もし初めてこの記事をご覧になった方は下の記事をご覧ください。今回の記事は2020年、2021年の記事の続きとなっております。 Scroll > 日次 場所 天候 時間帯 釣果 サイズ コメント 5月 […]

  • 2022年4月24日

【アナジャコ(アマジャク)】シャコに似てるけど別の生き物「アナジャコ」はどんな味?”唐揚げ・素揚げ・塩茹で”で料理して食べてみた

「アナジャコ」は日本各地の汽水域の干潟に生息地している10cmほどの体長の「シャコ」に似た生き物です。 和名は「アナジャコ」ですが、地方によっては「アマジャク」、「マジャク」などと呼ばれています。 東京では江戸川の干潟で春から初夏にかけて泥に開いた小さなアナジャコの巣の穴に「筆」を差し込んでで釣ることができる潮干狩りと同様の潮干のレジャーの一つとなっています。 シャコ同様に食べることが出来、濃厚な […]

  • 2022年4月23日

【タカアシガニ】世界最大級の蟹”タカアシガニ”をふるさと納税で取り寄せて食べてみた ”一体どんな味?”

みなさん、水族館で一番好きな生き物ってなんでしょうか? イルカやアシカなどショーで人気のアイドル的な動物や色鮮やかで綺麗な熱帯魚、はたまたチンアナゴのような、どこかひょうきんなお魚などそれぞれ好きな対象があるかと思います。 筆者が水族館で一番好きな生き物はなんと言っても「タカアシガニ」。 「タカアシガニ」は日本近海の深海に住む世界最大の節足動物で、動いているかどうかもわからないほどゆっくりした動作 […]

  • 2022年4月20日

【ガサエビ(トゲザコエビ)】日本海の一部だけで獲れるレアなエビ・ガサエビはどんな味?

ガサエビ(トゲザコエビ)というエビはご存知でしょうか? よっぽどのエビマニアでなければ解らないのも当然のとても珍しいエビです。 【エビジャコ科>クロザコエビ属】のエビで、和名は「トゲザコエビ」。 地域によっては「ガサエビ」、「ドロエビ」、「モサエビ」、「トゲクロザコエビ」とも呼ばれる、体長10cmほどのエビです。(名前があまり美味しそうでないのもこのエビがあまり認知されていない原因かもしれません。 […]

  • 2021年12月5日

秋の味覚【モクズガニ】ってどんな味?食べ方と正直な味の感想(モクズガニの炊き込みご飯の作り方付き)

モクズガニとは 北海道から沖縄まで、日本各地の河川に生息する甲長約5〜6 cmのカニで、濃厚な味が魅力の食材としても広く親しまれています。 ハサミの付け根あたりに柔らかい毛がびっしりと生えており、そこがモクズガニの名前の由来となっています。 (モクズの触り心地はフワフワしていて気持ちいいです。) 日本各地でそれぞれ呼ばれ方が異なり、「モクズガニ」は関東を中心に使われている名前です。 四万十川の名産 […]

  • 2021年7月2日

夏が旬!北海道で水揚げされるレアな蟹「花咲ガニ」は実際どんな味なのか人生で初めて食べてみた

花咲ガニとは 花咲ガニは北海道周辺の納沙布岬から襟裳岬付近の太平洋側、根室半島のオホーツク海側の20〜200m程度の浅い水域に生息する蟹です。 見た目はタラバガニのようですが、タラバガニよりは一回り程度小さく甲羅の幅は15cm程度、体にはびっしりと刺のような鋭い突起に覆われています。 見た目はカニのようですが、外に見えている足はハサミを含めて8本でタラバガニと同様、分類上はカニというよりはヤドカリ […]

  • 2021年6月11日

原始的な姿が特徴的な激レアなカニ「アサヒガニ」はどんな味?

アサヒガニとは? アサヒガニというカニをご存知でしょうか? 大変美味しいカニなのですが、滅多に市場に出回らないため、実物を見たことがある人はあまりいないのではないかと思われます。 とても原始的な姿をしたカニで、いわゆるカニのフンドシの部分が体に折り畳まれておらず、エビの様に伸びており、真っ直ぐ歩くカニとエビの中間の様な格好をしています。 旬の時期は不明で、日本では四国、九州で水揚げされますが、数が […]