2023年に大注目の【オオズワイガニ】どんな味?ズワイガニとの違いは?

2023年6月、北海道で大量発生し、「カレイ漁」に深刻な影響がでているというニュースで大注目となった『オオズワイガニ』

カレイの刺し網に大量の「オオズワイガニ」がかかり、カレイの水揚げが落ちているそうです。

この刺し網で取れているカニはサイズが小さく、商品価値としてはそれほど無いそうで、北海道では1匹150円程度で販売されているとか。

カニ好きの筆者としては、カニが1匹150円程度で買えるのはかなり嬉しいので、カニといえばJR山手線の御徒町駅横にある鮮魚店「吉池」へと向かい、「オオズワイガニ」を探してみることにしました。

オオズワイガニとは?

『オオズワイガニ』
『オオズワイガニ』

『オオズワイガニ』

十脚目>短尾下目>ケセンガニ科>ズワイガニ属>オオズワイガニ

ズワイガニ属には有名な食用として有名なカニの「ズワイガニ」と「ベニズワイガニ」がいますのでかなり近い親戚です。

「バルダイ」という呼び名で呼ばれることも多いです。

甲羅の幅は15cmとズワイガニよりも大きくなることから「オオズワイガニ」という名前がつけられたようです。

ただ、今回の大量発生で水揚げされているのは甲羅の幅が7〜9cm程度の小型のものです。

本来はズワイガニよりも水揚げ量が少なく、あまり出回らないカニなので今回は貴重なカニを安く味わうことが出来ます。

漁師さんには申し訳ないのですが、消費者にとっては良い機会になりました。

「オオズワイガニ」と「ズワイガニ」の違い・見分け方

「オオズワイガニ」と「ズワイガニ」は素人が見た限りはほぼ同じカニに見えますが、口元を見ると一目で見分けることができます。

『オオズワイガニ』の口
『オオズワイガニ』の口

「オオズワイガニ」の口はM字型になっているのに対して、「ズワイガニ」はほぼ一直線。

『ズワイガニ』の口
『ズワイガニ』の口

味は「ズワイガニ」の方が美味しいという方もいるそうですが、それほど大差はないという意見も多いようです。
(※比較対象は高級ブランドのズワイガニではなく、一般的なズワイガニです。)

オオズワイガニ 都内の鮮魚店でのお値段について

「吉池で販売中のオオズワイガニ」
「吉池で販売中のオオズワイガニ」

台東区、JR山手線の「御徒町駅」横にある鮮魚店「吉池」へ行ってみるとしっかりと「オオズワイガニ」が売られていました!

最近ニュースで取り上げられてから人気が上がり、品薄と聞いていましたが流石は信頼の「吉池」です。

お値段は税込で1匹180円。

高級カニカマとほぼ同じお値段で本物のカニが購入できますかなりの激安です。

大きさは甲羅の幅が8〜9cm程度ですが、大人1人であれば2〜3匹も食べれば大満足できるサイズです。

今回は3匹、税込540円分を購入しました。

ちなみに全部オスなので内子は入っていません。

オス、メスの見分け方は”袴”を見ます。 オスは袴が狭く、尖っています。

『オオズワイガニ』のオス
『オオズワイガニ』

メスの場合は甲羅の裏全体を覆うほど広い”袴”を持っています。

オオズワイガニ 食べ方について

『オオズワイガニ』
『オオズワイガニ』

『オオズワイガニ』のメジャーな食べ方は「塩茹で」。

濃いめの塩水にカニ味噌が流れ出ないよう甲羅を下向きにし、水から茹でていきます。

お湯が沸騰してから約20分程度茹でたらカニを取り出し、氷水で一度さっと冷やしてから冷蔵庫に入れて完全に冷やします。

今回は1匹を茹でたて、もう2匹は冷やしてからいただいてみました。

茹で上がりの『オオズワイガニ』
茹で上がりの『オオズワイガニ』
茹で上がりの『オオズワイガニ』
茹で上がりの『オオズワイガニ』

甲羅を空けてみるとまずまずの量の”カニ味噌”が入っています。

『オオズワイガニ』のカニ味噌
『オオズワイガニ』のカニ味噌

蟹味噌の味は非常に濃厚、ズワイガニと遜色ない味です。

『オオズワイガニ』のカニ味噌
『オオズワイガニ』のカニ味噌

足にもしっかりと身が詰まっていて、カニの身の味はほのかに甘く、とても美味しいです。

量は少ないですが、ズワイガニにも引けを取らない美味しさ。

これで180円という価格はかなりコスパが良く感じられます。

オオズワイガニの塩茹で

『オオズワイガニ』の塩茹で
『オオズワイガニ』の塩茹で

冷蔵庫で一日冷やした『オオズワイガニ』の塩茹で。

写真は2杯分ですが、かなりの量があり 一人で食べるには十分すぎるほどです。(写真のカニ味噌は2杯分をまとめています。)

カニは茹でたても良いですが、冷やすことで身が締まって甘味・塩味が良く感じられるので、個人的には冷やして食べる方が好みです。

『オオズワイガニ』の塩茹で
『オオズワイガニ』の塩茹で

胴体の身をほぐすと小皿山盛り一杯分くらいのカニ肉が収穫できました。

『オオズワイガニ』の塩茹で
『オオズワイガニ』の塩茹で

この、”カニの身”を”カニ味噌”と和えた物が、個人的にこの世の中で一番美味しいと思っている食べ物です。

『オオズワイガニ』の塩茹で
『オオズワイガニ』の塩茹で

どんな嫌なことがあっても、この美味しさで全て忘れることが出来そうです。

幸せ。

『オオズワイガニ』の塩茹で
『オオズワイガニ』の塩茹で

足の身もほぐしていくとこちらもかなりの量が収穫できました。

『オオズワイガニ』の塩茹で
『オオズワイガニ』の塩茹で

山盛りのカニの身を口一杯に頬張る幸せ。

頑張って小さなカニをホジホジした苦労の末の収穫祭です。  

おしまいに

『オオズワイガニ』の塩茹で
『オオズワイガニ』の塩茹で

1匹180円、3匹で540円(税込)とその味からは信じられないコスパの良さの『オオズワイガニ』。

このお値段で「オオズワイガニ」が食べられるのは今だけかもしれませんので、もし興味があればぜひ一度お試しください!

本文中で紹介の品のお値段

 

お値段オオズワイガニ(小さめ)3匹 税込540円 (1匹 180円)
レア度
コスパ
オススメ度
2023年6月現在