こってり魚介系つけ麺の「三田製麺所 本店」の魅力とオススメメニュー紹介

つけ麺といえば「三田製麺所」。(大勝軒は別にして)
一号店が三田にオープンした2008年からずっと通い続けているお店です。月に2〜3回位行くので2020年現在で約300杯は食べた計算です。

初めて来店して「つけ麺」を食べた時の衝撃は今でも覚えています。
濃厚な魚介のつけダレに極太で歯応えのある麺。つけ麺というのがそれほどメジャーではなかった時に、つけ麺の美味しさを教えてくれたお店でした。

以前はメニューは「つけ麺」のみでしたが、2020年現在沢山のメニューが増え、サイドメニューも充実。今では支店も増え関東中心に30店舗以上になり、関西、海外でも展開している様です。

以前は三田製麺といえば田町にしかなく、常に行列、客層もコアで、すぐ近くにあるレジェンドの「ラーメン二郎」の様な感じでしたが、今は支店も多く、またメニューが増え行きやすくなった三田製麺所。

今回の記事では三田製麺所が初めての方にその魅力とオススメのメニューを紹介して行きたいと思います!

三田製麺 つけ麺
三田製麺 つけ麺

本店 立地と店内について

本店はJR田町駅、都営地下鉄三田駅のそばでどちらからも徒歩至近圏内。
最短ルートは都営地下鉄 三田線のA2出口です。

ただ正直JRの田町駅と距離はそれほど変わらないのでどちらでも問題ないと思います。

1階はカウンターのみ、2階はテーブル席もあり、2名以上で行くと2階のテーブル席に案内してもらえることもあります。

三田製麺 つけ麺
三田製麺所 内観
上の写真は営業時間なのにカウンターにお客さんが全くいない奇跡のショットです。
普段は必ず誰かが座っています。(ちなみに現在はコロナ対策で一席づつに透明なついたてが立ってます。)

人気店だけあってランチの時間帯(12時から1時)は常に混み合っています。
通常は並びます。
ただ、ラーン店は午前の部と午後の部に分かれている事が多いですが、三田製麺所本店はありがたい事に昼休憩無し営業。
2時過ぎごろに行けば並びなしで入れる事が多いのでスケジュールの調整が可能であれば、ピークを外したこの時間帯(14時以降)がオススメです。

つけ麺 790円

基本のつけ麺 790円

サイズは「並・200g(320g)」「中・300g(450g)」「大・400g(580g)」から同額で選択可能。
(カッコの中のgは茹で上がり時)

並の200gでも十分な量ですが、3つ選択肢があると真ん中を選んでしまうのが人間の性。ついつい「中」を選んでしまいます。
「中」でもかなりの量。麺は腹持ちもいいので、昼食べても夜まで満腹感が続きます。
過去に一度だけ「大」を注文した事がありますが、食べ切るのに苦労しました。また食べ終わった後もしばらく胃が辛かったので、「大」を食べたのは後にも先にもこの10年で一度だけです。

三田製麺 つけ麺
三田製麺 つけ麺

特徴はなんといってもこのもちもちの食感の極太麺。冷たい水で締めた麺と、麺が暖かい状態の「アツモリ」を選べます。
寒い時は「アツモリ」、暑い時は通常の麺を選ぶ様にしています。

全然関係のない話ですが、最近若い子達が会話の中で「アツモリ」と言う単語を使って話をしているのを聞く事が良くあるのですが、最初はつけ麺の話をしているものと思っていました。
若い子達が集まって、つけ麺の話を熱心にしているとは立派な事だなと思っていたのですが、
実際は任天堂のゲーム「あつまれ動物の森」のことだったと分かったのは最近のことです。
どうでもいい話ですね。。

三田製麺 つけ麺
三田製麺 つけ麺

三田製麺といえばこの濃厚魚介スープ。
豚骨と魚介の旨味が濃縮された唯一無二のつけダレです。

三田製麺 つけ麺
三田製麺 つけ麺

濃厚スープに良く絡む極太の麺。三田製麺という名前の通り、小麦の風味が感じられ、かつ歯応えが魅力の自家製麺。
その日の温度と湿度で加水率を変えているそうです。加水率が変わることによって茹で時間も調整されるそうです。

三田製麺 つけ麺
三田製麺 つけ麺

〆は当然スープ割り。
今ではつけ麺の〆には割りスープが当然ですが、当時は常連が頼むものだという雰囲気があり、食べ終わった後に割スープのコールをするのに少し気が引けた記憶があります。
今はカウンターに割りスープのポットが置いてありますので自分で好みの量で調節して割りスープを気軽に楽しむ事ができます。

辛つけ麺 850円

三田製麺所 辛つけ麺
三田製麺所 辛つけ麺

そして比較的昔からあるメニューの辛つけ麺(850円)。ファンが多いメニューのひとつです。

スープが赤く、見た目は辛そうに見えますが実際はそれほど辛くはなく、辛いものが苦手な人でも食べれるくらいのピリ辛レベルだと思います。

三田製麺所 辛つけ麺
三田製麺所 辛つけ麺

オリジナルのつけ麺から大きくスープの味は変わらず、少し辛みが増したというイメージ。
三田製麺に食べに行くときには基本はつけ麺で、たまに気分を変えて辛つけ麺をオーダーするという事が多いです。

三田製麺所 辛つけ麺
三田製麺所 辛つけ麺

上の画像では麺に胡椒が乗っていますが、あれは管理者がかけたものです。
麺に胡椒をかけて食べるのが好きなのですが、現在は専用の調味料が置いてありますが、昔は市販のホワイトペッパーが置いてありました。
本店は入り口のドアを開けている事が多いのですが、自分のつけ麺に胡椒をかけようとしたら、ドアからの風で胡椒が風で流れていって隣の人のつけ麺に全部かかってしまったという事がありました。
ホワイトペッパーは写真の様な粗挽きではなく、とてもさらさらした細かい粒なので風の影響を受けやすいのです。
優しい方だったので謝罪して許してくれましたが、あの時は冷や汗が出ました。。
ちなみに今ではコロナ対策で1席づづ「ついたて」があるのでそんなことはありません。

三田製麺所 辛つけ麺
三田製麺所 辛つけ麺
三田製麺所 辛つけ麺
三田製麺所 辛つけ麺

〆のスープ割りも通常のつけ麺とは少し違った風味で美味しくいただけます。

背脂つけ麺 890円

三田製麺所 背脂つけ麺
三田製麺所 背脂つけ麺

写真の通り、スープの表面に背脂が浮いたコクがある「まろやか」な味のつけ麺。
比較的新しいメニューです。

三田製麺所 背脂つけ麺
三田製麺所 背脂つけ麺

こってりとした柔らかい味が好みであれば良いですが、つけ麺との金額差が100円というところが辛つけ麺の様にたまに気分を変えてみようかという心理的な障壁が高く感じられるところです。

三田製麺所 背脂つけ麺
三田製麺所 背脂つけ麺
三田製麺所 背脂つけ麺
三田製麺所 背脂つけ麺

〆の割りスープもこんな感じでアブラが浮いています。
全体的に魚介の風味を少し動物のアブラ感が勝ったまろやかな味が感じられるメニューです。

鯛だし塩つけ麺 790円

このつけ麺は先の紹介の3つとは全く違う方向のつけ麺です。
あっさりとした塩味のスープは夏の暑い時にさっぱりと食べたい時にぴったり。
スープは透き通っていますが、しっかりと出汁が出ていて見た目位以上に味が濃いので三田製麺所の極太つけ麺にもしっかりとマッチしています。

三田製麺所 鯛だし塩つけ麺
三田製麺所 鯛だし塩つけ麺
三田製麺所 鯛だし塩つけ麺
三田製麺所 鯛だし塩つけ麺

スープはこのような感じで澄んだ見た目ですが、しっかりとした塩味が感じられます。

三田製麺所 鯛だし塩つけ麺
三田製麺所 鯛だし塩つけ麺

麺は他のつけ麺と同じです。

三田製麺所 鯛だし塩つけ麺
三田製麺所 鯛だし塩つけ麺

鯛だし塩つけ麺には、「専用〆ご飯(100円)」が用意されています。
専用と言うとシャアみたいで憧れますので頼まないわけにはいきません。

通常の〆ご飯とは違い、「シソ」と「あられ」がのっていお茶漬けの様なご飯です。

三田製麺所 鯛だし塩つけ麺
三田製麺所 鯛だし塩つけ麺

つけ麺自体はレギュラーのつけ麺と同額の790円とコスパの良いつけ麺です。専用割飯をつけて890円
東京のうだる様な暑い夏にさっぱりといただけるつけ麺です。

油そば 880円

三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば

最後は「油そば 880円(税込み)」。三田製麺所といえばつけ麺ですが、三田製麺所の魚介スープと相性がいいのがこの「油そば」。

「油そば」、「まぜそば」は美味しいのですが、差別化が難しく、どこで食べても比較的美味しいと感じる料理のひとつ。

三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば

ただ、この三田製麺所の油そばは濃厚な魚介スープで濃い目の味が楽しめる一品です。トッピング無しで玉子一玉とチャーシューがつくコスパの良いメニューです。

三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば

よーく”まぜまぜ”してから頂きます。

三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば

油そば、まぜそばとしては若干濃いめの味。濃いめが好きな人にはオススメです!

三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば

もしお腹に余裕があれば是非とも「割飯(100円)」で〆てください。

「油そば」、「混ぜそば」のお楽しみはやはり最後のご飯。
ご飯とタレと具材と麺が絡む究極の味。
油そばの楽しみといえば、実はこの最後のご飯が8割だったりとかします。

三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば
三田製麺所 油そば

おしまいに+初めてに食べるべき一品

オープンからずっと通い続けている三田製麺所。
今ではいろいろなメニューが生まれ、サイドメニューも充実しています。

季節限定のメニューもあり、ファンを飽きさせない工夫を続けています。

が、やはり一番は「つけ麺」一択です。(個人的には次に油そばもイイ)
魚介系の濃厚つけ麺ではやはり三田製麺所が一歩リードしていると思います。

新しいメニューを試しつつ、サイドメニューの展開の豊富さに驚きつつも、やはり創業当時からの味「つけ麺」を求めてまた今日も三田製麺所に通うのであります。

紹介のメニューとお値段つけ麺 790円(税込み)
 辛つけ麺 850円(税込み)
 背脂つけ麺 890円(税込み)
 鯛だし塩つけ麺 790円(税込み)
専用〆ご飯 100円(税込み)
 油そば 880円(税込み)
割り飯 60円(税込み)
満足度★★★★★
コスパ★★★★
オススメ度★★★★★
2020年4月現在

店舗詳細とアクセス

店舗名三田製麺所 本店
アクセスJR山手線 田町駅 (三田口)から徒歩約5分
都営地下鉄 三田駅 A2出口から徒歩約3分(※最短)
営業時間
[月~金] 
9:00~23:00
[土・日・祝]10:00~23:00
日曜営業
2020年4月現在

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村