新橋のバター香る珠玉のオムライス「むさしや」

むさしや 外観
むさしや 外観

新橋駅のSL広場の横、筆者が大好きな、「ニュー新橋ビル」。

地下から4階位まで? グルメやら金券ショップやらアパレル、その他もろもろと色々なおじさん向けのサービス施設が入ったちょっと怪しい建物です。

この建物の中には”美味しいお店”がたくさんあるのですが、今回はニュー新橋ビルグルメの大本命、「むさしや」をご紹介。

明治18年創業「むさしや」

むさしやの歴史を少しご紹介。

「むさしや」は1885年(明治18年)に新橋の近く愛宕山で焼き芋を売る店として創業しました。

その後、新橋へと移り、食事を提供する様になったそうですが、その時に始めた頃からの看板メニューが「ナポリタン」だそうです。

今日この記事を執筆しているのが2020年ですので、実に135年の歴史を持つお店ということになります。

いや、すごいですね。そんな歴史があるお店が、ニュー新橋ビルの一角にお店を構えているのも想像しただけで恐るべきことです。

「むさしや」の立地とお店について

「むさしや」は場所はJR新橋駅、「日比谷口」から出たすぐ目の前のSL広場、そのすぐ横にある「ニュー新橋ビル」の一階に位置しています。

お店は横一列のカウンターのみの7席。

複数人できて、おしゃべりをしながらゆっくり食べるということは考えてはいけません。

一人できて、黙々と食べて、味わって、満足して、さっさと帰る。というおじさん一人にぴったりのお店となっています。

お昼時は行列になる様です。

筆者は基本的に新橋は夜が多いのですが、夜の閉店前頃にいくと比較的スムーズに座ることができます。

★一番人気! オムライス

むさしや オムライス
むさしや オムライス

「むさしや」のアナウンスとしての一番人気がこちらの「オムライス 800円(税込)」

そもそも、「おっさんが ”オムライス”を食べるのか〜?」という声も聞こえてくるのですが、もしオムライスが子供の食べ物だという偏見があれば、是非とも食べてもらいたい一品です。

むさしや オムライス
むさしや オムライス

”むさしや”のオムライスはチキンライスに薄焼き卵を巻いたベーシックな外観。そして、ナポリタンとキャベツの千切りがトッピングされた結構お腹いっぱいになる一皿となっています。(味噌スープ付き)

むさしや オムライス
むさしや オムライス

そして特徴的なのが、一口食べたときの「バターの風味」の豊さ。

これは他のオムライスでは感じられない「むさしや」の独特の味となっています。

むさしや オムライス
むさしや オムライス

少し甘いケチャップにバターの風味が効いたチキンライス。

脇を固めるナポリタンとキャベツもいい塩梅です。

オムライス、高級洋食店では結構なお値段したりしますが、「むさしや」では800円でこのクオリティー。

貴重な存在です。

本文中で食べたメニューとお値段

メニューとお値段オムライス 800円
満足度★★★★★
コスパ★★★★
オススメ度★★★★
2020年11月現在 料金は税込

店舗詳細とアクセス

店舗名むさしや
アクセスJR各線 新橋駅 日比谷口から徒歩約3分
営業時間営業時間
[月~金]
10:30~20:00頃
[土]
11:00~15:00頃
定休日
日曜・祝日
2020年11月現在

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村