三河島”穴場の”人気創作ラーメン「らーめん三極志」オススメとメニューの選び方

JR常磐線の三河島駅から歩いて約4分。レギュラーのメニューのほか、週替わりや季節限定、二郎系と常に新しいメニューで楽しませてくれる人気の創作ラーメン屋さん「らーめん三極志」があります。

筆者は「らーめん三極志」のファンで、よく行くお店ですのでたくさんのメニューからオススメやメニューの選び方をご紹介させていただきます。

らーめん三極志の立地とお店について

2018年に三河島(日暮里)にオープンの比較的新しいラーメン屋さんです。ご主人は蔵前にある人気ラーメン店「ラーメン改」のご出身とのこと。

↓らーめん改の記事もよろしければどうぞ!↓

関連記事

「蔵前」、浅草にも近く、上野・御徒町にも近いですが、歩いてすぐ行ける距離ではなく少し離れているため、筆者はなかなか来る機会が少ないエリアでした。蔵前 国際通りお洒落なカフェや雑貨屋さん等が多く、女[…]

らーめん改 味玉貝塩らーめん

場所は尾竹橋通りに面していますが、大きな看板などがなく、見落としてしまいそうです。
隣の「日暮里餃子」の看板が派手すぎて、そちらに目がいってしまい、気をつけていないと通り過ぎてしまいます。

アクセスが一番便利なのが「JR常磐線三河島駅。徒歩で約4分の距離です。

JR日暮里駅からも歩けますが、東口から徒歩で10分以上かかるので、三河島駅利用が便利です。

三極志 外観
三極志 外観

店内は10席のカウンターのみ。筆者は休日の利用が多いですが、ピークのランチ時は大体満席です。外待ちが出る時もあります。

平日のランチのピーク時間は外の列が10名近く伸びているのを見かけることがあります。

ただ、回転は速いので、ちょっと待っていれば比較的すぐに座ることができるかと思います。

午前の部でも、終了前の2時半頃に行けば↓の写真の様に空いている場合もあります。
(ただしこんな感じでカウンターが空いている時間は一瞬。すぐにお客さんが入ってきます。)

らーめん三極志 内観
らーめん三極志 内観

隣との間隔は比較的に広めで、また背中側のスペースも広いのでゆったりした印象です。カウンターもきれいに磨かれていて清潔です。

三極志 らーめんの選び方

三極志はらーめんの種類がとても多いので初めての場合は迷ってしまうかと思います。

そこで初めての方にわかり易いように選び方を少し解説します。

  1. レギュラーメニューのらーめん
  2. 二郎系
  3. 季節限定と週替わり
  4. 二郎系の週替わり

大まかに分けると上記のような感じです。

さらに細かく分けると、

1のレギュラーには「塩」・「醤油」・「白湯」・「つけめん」があり、それぞれ細麺と太麺が選べます。

2はプレーンな「二郎系」のらーめん。二郎といえばチャーシュー。チャーシューが増量の「ブタマシ」も選べます。

3、4はお店の前に看板が出ているので週替わりが何かを確認しましょう。特に二郎系の週替わりはかなり目を引く驚きのメニューばかりとなっています。

週替わりは通常の物も二郎系もかなりユニークで独創的なメニューが多いので看板を眺めるだけでも楽しいです。

らーめん三極志 券売機
らーめん三極志 券売機


「鳥軟骨揚二郎」や「KFC二郎」「グラタン二郎」。など食べてみたいがちょっ腰が引けるようなもが続々と開発されています。

らーめん三極志 メニュー看板
らーめん三極志 メニュー看板

らーめん三極志 メニュー看板
らーめん三極志 メニュー看板
らーめん三極志 メニュー看板
らーめん三極志 メニュー看板

麺とスープについて

三極志でらーめんを頂く際には麺に注目して見てください。
麺は全粒粉入りの国産100%、”春よ恋”を使った自家製麺。小麦の高い香りと喉越しが楽しめます。

またスープは鶏と浅利の出しのスープ。出汁が濃縮された豊潤なスープです。醤油、塩、白湯それぞれのスープで使っている具材の出汁の配分の違いを感じながらいろいろな種類を食べ比べるのも楽しみです。

「鶏と浅利の白湯らーめん」レギュラーのオススメメニュー!

三極志初めてであれば無難に「鶏と浅利の白湯ラーメン」800円(税込み)がオススメです。

麺は細麺と太麺から選択可能です。オススメを聞いたところ太麺とのこでしたので初めてであればまずは太麺から試してみましょう。

三極志のらーめんはフタ付きの独特の器です。

らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン
らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン
らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン
らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン

具は鶏ムネ肉と豚バラ肉のレアチャーシュー、アサリ。上品な印象の仕上がりです。

珍しいレアチャーシューはしっとりとした柔らかい食感。

らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン
らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン

超極太の平打ち麺です。小麦にこだわっただけあって、麺から小麦の味がしっかりと伝わってきます。
もちもちとした食感。かなり食べ応えがあります。

らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン
らーめん三極志 鶏と浅利の白湯ラーメン

スープは白濁して少しとろみがあり、とても濃厚。家系ラーメンのスープに近いです。
「追 飯 200円」もあるので、お腹に余裕があればこの濃厚スープにご飯を混ぜて食べても美味しいと思います。

こってり家系ラーメン太めの食べ応えがある麺が好きな人にはオススメのラーメンです。

「鶏と浅利の特製つけ麺」 

 

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

「らーめん三極志」のオススメメニューである「鶏と浅利の白湯らーめん」のつけ麺バージョンが、「鶏と浅利のつけ麺」(850円税別)なのですが、今回紹介は、全部入りバージョンの「鶏と浅利の特製つけ麺」( 1,150円税別)です!

通常のつけ麺に「豚」と「鶏」の2種類のチャーシューがそれぞれ2枚づつ増しで、「合計チャーシュー6枚」

そしてさらに「味玉」がついたスペシャルなつけ麺です。

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

つけダレは「らーめん」のこってりとした濃厚なスープとは異なり、さらっとした口当たり。

普通はつけ麺の方がこってりとしていて味が濃いものを想像しますが、らーめんの方がこってりとしています。

つけダレの方も鶏と浅利の風味がしっかりと出ていて、深みが感じられます。

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

写真は「平打ち」の極太麺。目に見える全粒粉の粒々ともっちりとした歯触りが特徴的です。

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

 

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

しっとりとしていて、歯切れの良いサクっという歯応えが美味しい鶏チャーシュー。この鶏チャーシュー本当に旨いです。
特製つけ麺では3枚も食べられるのは嬉しい。

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

こちらは豚のチャーシュー。しっかりとした肉の味が感じられます。

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

味玉はつけダレの中に入っています。写真はタレから出して割ったところです。

とても柔らかい味玉。中の黄身はしっとり、味はしっかりとついています。

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

最後はスープ割りでいただきます。スープの底には写真の様に浅利と鶏肉が入っています。

らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺
らーめん三極志 鶏と浅利の特製つけ麺

つけ麺はらーめんほどこってりとしていなくて、食べ易い印象でした。

「鶏と浅利のつけ麺」と「鶏と浅利の白湯らーめん」は別物と思っても良いかもしれません。

「鶏と浅利のらーめん(醤油)」

三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)
三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)

レギュラーメニューの基本中の基本、「鶏と浅利のらーめん」780円です。

スープの味は「醤油」と「塩」から同額で選択可能。

今回の写真は醤油味のものです。

浅利に2種類のチャーシュー、メンマ、青菜、海苔と豪華なトッピング。見た目もとても上品にまとまっています。

三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)
三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)

スープはほんのり甘く、コクがある醤油ベース。基本のらーめんもやはりレベルの高さが伺えます。

三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)
三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)

今回は細麺を選択。やはりキレがある醤油スープには繊細な味の細麺が合う様な気がします。

三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)
三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)

旨味たっぷりの浅利が沢山入っています。

三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)
三極志 鶏と浅利のらーめん(醤油)

基本のメニューですが、スープ、麺ともにハイレベル。見た目、食べた印象も上品で、素材のこだわりを感じさせてくれます。

とても700円台とは思えないらーめんです。

「夏野菜のカレー二郎系」 2021年8月 週替わり二郎系

らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系
らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系

夏にぴったり冷風スープの二郎系の週替わりメニュー「夏野菜のカレー二郎系 1,030円」です。

二郎系らしい山盛りの一杯。写真はヤサイマシをしていない状態のものです。それでもかなりの山盛り。夏は食が細くなっているので食べ切れるか一抹の不安が感じられます。

らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系
らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系

ココナッツミルクやヨーグルトで味付けされたカレーにズッキーニやナスなどの夏野菜が加わります。

カレーだけでも美味しく食べられるくらいの完成度。

らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系
らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系

坦々麺の様な胡麻ベースの冷たいスープ。

ゴマの風味とコクがあり二郎系というよりは坦々麺に近い印象です。

らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系
らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系

麺は本家二郎の様な平たい太麺。特徴はなんと言っても強烈なコシの強さ。

冷麺の様な弾力がありかなり食べ応えがあり、独特の食感はクセになります。

らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系
らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系

分厚くて歯応えのあるチャーシュー。肉肉しさがあり、とても食べ応えがあります。

らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系
らーめん三極志 夏野菜のカレー二郎系

山盛りのヤサイと強烈なコシの強さの麺は食べ応えが半端なく、満腹中枢を刺激します。

半分くらいのところで冷や汗が出てきて完食はダメかも。と思いましたが、最後プスルウルトラを発動して限界の向こう側へと突破してなんとか完食。

昼に食べましたが、夜まで腹パンパンで晩ご飯抜きになりました。

冷たいスープの二郎系。かなりのボリュームで完食に苦労しますが旨いです

「牡蠣の味噌らーめん」 2020年冬 期間限定 

三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん

2020年の冬季限定メニューが「牡蠣の味噌らーめん 900円(税込み)」

牡蠣がゴロゴロと入った贅沢な一杯です。

三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん

かなり塩気を感じる濃厚な味噌のスープ。牡蠣の風味などいろいろな味が絡んで複雑な味わいとなっています。

三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん

麺は太麺と細麺が選べますが、今回は細麺を選択。

三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん

少し硬めで歯応えがある麺です。太麺も美味しいですが、細麺もなかなか。

三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん
三極志 牡蠣の味噌らーめん

通常のラーメンと同じく鳥と豚の2種類のチャーシュー付き。

「和えそば」もう少し食べたい場合に

もう少しだけ麺を食べたい方向けに(醤油・塩・限定)の3種類の味から選べる「和えそば 100g 200円」もあります。

いつもは和えそばや追飯は多いのですが、限定が「カニ油」ということで、カニ好きとしては無理しても頼まなければ。ということで、追加オーダー。

三極志 和えそば
三極志 和えそば

和えそばはそのまま食べても美味しいですし、らーめんを食べた後のスープを使ってつけそばのようにして食べてもOK。

三極志 和えそば
三極志 和えそば
三極志 和えそば
三極志 和えそば

カニの風味がほんのりと漂いました。

おしまいに

らーめん三極志は同じ荒川区内の「トイボックス」や「えどもんど」の様にいつも行列が出来ていてもおかしくないクオリティーなのですが、立地の問題からか、ピークの時間を外せばランチでも待ち無しでスッと座ることができることが多いとても穴場のお店です。

二郎系あり、週替わりありと常にお客さんを飽きさせない工夫と好感が持てる接客も◎。

あまり有名になりすぎて、座れなくなってしまうのは困りますが、エリア外の方も是非食べにきて欲しい絶品のらーめん屋さんです。

らーめん三極志Twitter

週替わりのメニューは公式Twitterで案内しているので、来店前にチェックしてみてください。

本文中で食べたメニューとお値段

 

メニューとお値段鶏と浅利の白湯ラーメン 800円
 鶏と浅利の特製つけ麺 1,150円
 鶏と浅利のらーめん(醤油)780円
 牡蠣の味噌らーめん 900円
 夏野菜のカレー二郎系 1,030円
 和えそば 200円
店内環境
接客対応
満腹度
コスパ
オススメ度
2020年6月現在 ※料金は税込み

 

店名らーめん三極志(さんごくし)
アクセスJR常磐線 三河島駅より徒歩4分
JR・私鉄各線 日暮里駅東口より徒歩13分
営業時間営業時間 火曜日除く毎日
11:00~15:00 18:00~20:00

定休日
火曜
2020年6月現在 ※料金は税込み

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村