【大塚 大勝軒】(@豊島区・大塚)いろんなメニューが楽しめる大勝軒初めてでもオススメの大勝軒

豊島区にある「大塚」はラーメンと大勝軒の聖地「池袋」のお隣の駅。

当然ラーメンの美味しいお店が多い場所でもあります。

昔は良く飲んだり食べたりと来ていたエリアでしたが、大塚駅界隈のラーメン屋さんでまだ行ったことがなかった「大塚 大勝軒」に2022年、初めて訪問させていただきました。

大塚 大勝軒 立地とお店について

「大塚 大勝軒」外観
「大塚 大勝軒」外観

「大塚 大勝軒」はJR山手線の「大塚駅」北口を出て、巣鴨方面に向かった先の交差点のすぐそばにあります。

「大塚 大勝軒」外観
「大塚 大勝軒」外観

駅からは歩いて約3分程度の立地。

一度リニューアルをしたそうで、落ち着いた色合いの看板や門構えはモダンな印象を受けます。

大塚 大勝軒 店内について

「大塚 大勝軒」内観
「大塚 大勝軒」内観

「大塚 大勝軒」の店内は4人がけのテーブルと8席のカウンターの計12席。

テーブル席の横にある部屋の中には自家製の製麺機を備えています。

「大塚 大勝軒」内観
「大塚 大勝軒」内観

大塚 大勝軒 メニューと値段について

「大塚 大勝軒」メニュー表
「大塚 大勝軒」メニュー表

「大塚 大勝軒」のメニューは2022年10月時点で下記の通りです。

  • 特製もりそば 950円 
  • 中華そば 950円 
  • 復刻版カレーライス 920円 

上記の代表的なメニューのほか、トッピングのバリエーション、おつまみの豊富さなどは「お茶の水 大勝軒」の流れを感じさせます。

価格で言えば他大勝軒と比較すると100円程高めの設定です。

中華そば(2022年10月)

「大塚 大勝軒」中華そば
「大塚 大勝軒」中華そば

中華そばの写真と値段は2022年10月時点のものです。

「大塚 大勝軒」の「中華そば 950円(税込)」。

チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔がトッピングされ、半透明の琥珀色のスープの仕上がりは、一目でそれが”大勝軒”の”中華そば”と認識することができます。

お値段的には、東池袋の「大勝軒 本店」では中華そばが850円なので少々強気の価格設定です。

「大塚 大勝軒」中華そば
「大塚 大勝軒」中華そば

東池袋の本店よりも少し茶色が強めに感じられるスープ。

魚介の風味がしっかりとでています。

「大塚 大勝軒」中華そば
「大塚 大勝軒」中華そば

麺はまさに大勝軒。

コシのある中太ストレート。

「大塚 大勝軒」中華そば
「大塚 大勝軒」中華そば

チャーシューも大勝軒らしい歯応えのあるタイプです。

「大塚 大勝軒」中華そば
「大塚 大勝軒」中華そば

全体的にスタンダート、正統派の大勝軒の中華そばの味でした。

食べた感じは本店よりも麺の量がなんとなく少なめに感じられました。

950円という価格も少し高めに感じられますが、駅前の立地を考えればしかたなしでしょうか。

おしまいに

「大塚 大勝軒」中華そば
「大塚 大勝軒」中華そば

初めての訪問時、雨の夜でお客さんもまばらでしたが、男性と女性の2名体制で、男性の方も女性の方も大変印象が良く、

「紙エプロン使いませんか?洋服が汚れないですか?」

とか色々と気遣いをいただいてとても気持ちよく食事を楽しむことができました。

本文中で紹介のメニューとお値段

 

メニューとお値段中華そば 950円(税込)
店内環境
接客対応
満足度
コスパ
オススメ度
2022年10月時点

 

店舗詳細とアクセス

 

店舗名大塚大勝軒
アクセスJR山手線「大塚駅」北口から徒歩約3分
営業時間

【火〜日曜日】
11:00~22:00

【月曜日】
定休日

2022年10月時点