安くて珍しくてちょっと奇妙な形の「クモエビ(オオコシオリエビ)」ってどんな味?

クモエビ(オオコシエリエビ)とは?

休日に上野をブラブラ、昼から立ち飲み屋さんで一杯ひっかけて、アメ横、センタービルの地下の食品店、御徒町の鮮魚店、「吉池」に立ち寄りながら上野公園でまったりするというのが定番のコースなのですが、本日、「吉池」見慣れないエビが並んでいるのを見つけました。

静岡産のクモエビという名前のそのエビは、ザリガニくらいの大きさで、一皿7〜8匹程度で500円程度。正直若干エビ離れしたその見た目はそれほど美味しそうには思えなかったのですが、その外見の奇妙さと安さに好奇心を掻き立たされて購入してみました。

クモエビ
クモエビ この量で500円程度!

初めて見るエビです。大きさは小さいので3センチ、大きいので7センチくらいでしょうか。ハサミが長く、腕はトゲトゲしていて手に刺さります。色は赤く、甲羅に波状の模様があり綺麗な外見です。

クモエビ
クモエビ

とりあえずGoogleで調べてみると正式名称は「オオコシオリエビ」、エビとついているが、ヤドカリに近い仲間だそう。
確かに見えている部分で脚が片側4本の計8本。
この系統のカニは甲羅をめくると内側に隠れた脚が2本あります。

クモエビ
クモエビ外観
クモエビ
クモエビ 第四歩脚

クモエビ 一体どんな味?

買ったのはいいのですが、食べ方が全く不明。。小さいのは唐揚げ、味噌汁なんかが考えられそうですが、とりあえずエビの味を確かめるために、10分程度塩茹でしてみます。

クモエビ
クモエビ茹で中 

茹で上がり。色が変わってないので見栄えはそれほど変化なし。
甲羅をとってみると、エビ味噌は結構入っているようですが・・

クモエビ
クモエビ 茹で上がり

エビ味噌。ちょっと食べてみますか。。

クモエビ
クモエビのエビ味噌

スプーンですくって、ちょっとお味見を。。

こ、、、、これは。。。。。うまーい!!! 

これはびっくり! 想像以上の美味しさ
コクがあり、濃厚なカニ味噌のようなテイスト

初めからあまり期待していなかったといえばクモエビさんに失礼ではありますが、いや期待以上の美味しさです。

次は尻尾。エビの様に殻をむいて食べてみると。。

クモエビ
クモエビの尻尾

こ、、こちらもうまーい!! 

味も食感もエビというよりはカニ。エビの様なプリプリした食感ではなく、タラバガニをもう少し繊維を柔らかくした様な食感で上品で淡白な味

脚も少しではありますが食べるところもあります。

クモエビ
クモエビ 足の肉

見た目がちょっと似ている北欧の某家具屋さんのザリガニと比べると圧倒的な美味しさ。
(あれはあれで夏の風情があっていいのですが)

おしまいに


いや〜想像以上の味で、ぺろっと全部美味しくいただきました。
安いし、ウマイし思いがけずに掘り出し物を見つけました!

ちなみに、このエビを目的とした漁は無いそうで、他のエビや魚の網みに混じって上がってくるそうです。

漁獲量は少なく、主に産地で消費されるというレアなエビ。
食べるところは少ないですが、身も味噌も絶品です!
安くて美味しいコスパ最高のエビですので、もし見かけた際には即買いをオススメします!

本日のメニューとお値段

本日のメニュークモエビ(オオコシオリエビ)8匹
お値段521円(税込み)
コスパ★★★★★
美味しさ★★★★★
レア度★★★★★
オススメ度★★★★★
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村