”吉原”の入り口で味わう”地獄ラーメン”「ラーメンランド浅草大門店」

吉原”おじさんたち”に大人気の”ランド”といえばなんでしょうか?

そう答えは大人の食堂「ラーメンランド」です。  

 

ラーメンランドはIBKという会社が運営するラーメンのチェーン店で、北は北海道、南は沖縄まで日本各地に支店が存在します。

東京での唯一の支店は今回紹介の浅草大門店です。

ラーメンランドの名物メニューといえば辛さが選べる「地獄ラーメン」。

辛さのレベルは「丁目」の数で表現されていて、数が多いほど辛さが増していきます。

地獄は1丁目から始まりメニュー表では10丁目までが表示されています。

ただ、さらなる地獄を求める場合は10丁目のさらに向こう側へと進むことも可能で、1丁目あたり20円の追加料金で何丁目までも進んで行けるようです。

ラーメンランド 地獄ラーメンメニュー
ラーメンランド 地獄ラーメンメニュー

WEBで確認できる記録では200丁目まで進んだ猛者がいるようです。

200丁目となると10丁目が税抜き1,000円なので、プラス190丁目。190丁目×20円+1,000円=4,800円(税抜き)と、辛さのレベルも想像できませんが、もはやラーメンの価格では無くなっています。

ラーメンランド 立地とお店について

吉原大門
吉原大門

「ラーメンランド浅草大門店」は東京都台東区にある遊郭吉原の大門の手前、吉原交番の横にあります。

その昔、ここには吉原へ行く唯一の道「吉原大門」がありましたが、現在はただの交差点となっており、その両脇に大門の名前を刻んだ柱が立っているのみとなっています。

吉原大門
吉原大門

ちなみに吉原大門への移動は東京メトロの三ノ輪駅が一番近く、裏道を真っ直ぐ歩いて約10分程度となります。

もしこのエリアに不慣れであれば大通りの”土手通り”を通るのが無難ですが、プラス2〜3分程度必要です。

 

現在、ラーメンランドの隣にある”吉原交番”がある場所もその昔は遊女が逃げ出さないように監視するための「四郎兵衛番所」だったそうです。

大門をくぐればそこは江戸の昔から現代まで続く大人の夜の街”吉原”のメインストリートになります。

ラーメンランド 外観
ラーメンランド 外観

支店名は”浅草大門店”となっていますが、”吉原大門店”と言ったほうがしっくりくる気がします。(諸事情があるかとはおもいますが。)

店内はカウンターと4人掛けのテーブルが6〜7台ほどある広めの造り。ただ、カウンターは物置となっていて現在は機能していないように見えました。

ラーメンランド 内観
ラーメンランド 内観
ラーメンランド 内観
ラーメンランド 内観

営業時間は午後4時から深夜1時まで。

お店として来るのはリピーターらしきおじさんやネクタイをした男性がほとんど。

ターゲットは吉原のもう一つのランドのお客さんや従業員とローカルの方達かと思われます。

ラーメンランド メニューについて

ラーメンランドといえば地獄ラーメンですが、そのほかにも各種ラーメンの他、中華の定番メニューも一通り揃っており、ラーメン屋さんというよりは街中華と言ったメニュー構成です。

価格は素のラーメンが税抜き500円、チャーハンが税抜き600円と安いのですが、少し凝ったメニューになると一般的な相場よりも少し割高に感じられます。

ラーメンランド メニュー
ラーメンランド メニュー 2021年4月現在
ラーメンランド メニュー
ラーメンランド メニュー 2021年4月現在

地獄ラーメン

地獄ラーメンは1丁目(税抜き700円)から始まり、10丁目(税抜き1,000円)までがデフォルトのメニュー。

その後は1丁目あたり20円のトッピング扱いとなります。

↓こちらは5丁目(激辛コース)の写真となります。

ラーメンランド 地獄ラーメン
ラーメンランド 地獄ラーメン

真っ赤なスープが見るからに辛そうなビジュアル。

筆者は蒙古タンメンの「北極」を食べた経験があるので、ある程度の辛さまではイク自信があります。

スープは上澄が赤く染まっていますが、中の方は茶色の味噌。

一口飲んでみた印象は、「まあまあ辛いかな?」と言った感じです。

激辛というほどでは無いので、初めての方でも5丁目スタートも問題ないのではないでしょうか。

ラーメンランド 地獄ラーメン
ラーメンランド 地獄ラーメン

具材はタンパク質が全くなしのモヤシとコーンのみ。チャーシューか豚コマの一切れでもあると嬉しいのですが。。

ラーメンランド 地獄ラーメン
ラーメンランド 地獄ラーメン
ラーメンランド 地獄ラーメン
ラーメンランド 地獄ラーメン

麺は一般的な細めの縮れ麺。

街中華のラーメンの麺と言ったところです。

ラーメンランド 地獄ラーメン
ラーメンランド 地獄ラーメン

5丁目に関してはそれほど辛いのが得意でない方でも問題なく完食できるレベルだと思います。

正直味自体は一般的な街中華のお店で提供されるラーメンといった印象です。

ただ、ラーメンの味を求めるというよりか、重要なのは”この場所”で、”この時間に”腹ごしらえができる。そこがお客さんが喜ぶポイントになるかと思われます。

おしまいに

ラーメンランド 地獄ラーメン
ラーメンランド 地獄ラーメン

東京唯一の支店が吉原。

そしてお店の名前が「ラーメンランド」。そして名物メニューが「地獄ラーメン」と冗談のようなセンスの良さが光る「ラーメンランド浅草大門店」。

一般の方はなかなか足を運ぶ機会が無いエリアだとおもいますが、もしこの近くにお立ち寄りの際、お腹が空いた時は豊富なメニューからラーメンや中華料理を選ぶことができる「ラーメンランド 浅草大門店」を思い出してください。

本文中で紹介のメニューとお値段

 

メニューとお値段地獄ラーメン 5丁目 900円(税込み990円)
辛さ
コスパ
オススメ度
2021年4月現在

 

店舗詳細とアクセス

 

店舗名ラーメンランド 浅草大門店
アクセス東京メトロ 日比谷線 三ノ輪駅より徒歩約9分
営業時間

水曜日を除く毎日
16:00〜01:00

【定休日】
水曜日

2021年4月現在