超レアなエビ「オニエビ(イバラモエビ)」ってどんな味? オススメの食べ方は?

オニエビ(イバラモエビ)ってご存知でしょうか? 日本海から北海等にかけて取れるエビで、オニエビを専門にした漁はなく、他のエビやカニの漁の際に一緒に取れるが量は非常に少ないという珍しいエビです。

見た目は15センチ程で、頭や腹にかけて刺が並び、かなり独特な外観をしています。
その見た目から北海道では”ゴジラエビ”という呼ばれ方もするそうです。

オニエビ(イバラモエビ)
オニエビ(イバラモエビ)

スーパーに並ぶことはほとんどなく、鮮魚を扱う専門店でたまに見かける程度の珍しいエビです。 御徒町にある吉池でたまに見かけることがあるのですが、今回、初めて購入して食べてみました。  

オニエビ
オニエビ

オニエビ 時期と入手方法・値段について

オニエビは春から初夏にかけて獲れるようで、この時期に鮮魚専門店を覗いてみると置いてあることがあります。

スーパーなどの一般的なお店ではまずお目にかかることはないかと思います。

お店でどうしても見つけられないという場合は通信販売でも入手可能です。

通信販売での相場は冷凍200gで2,000円〜3,000円(送料別)程度。生になるとさらに値段が上がります。

今回吉池で購入したものは13匹入って税抜きで800円(税込み864円)。1匹あたり66円。

グラムあたりにすると、100gで税抜き400円と通信販売と比べてもかなりの割安感があります。

吉池さすがです。

オニエビ
オニエビ

オニエビ 味と食べ方について

オニエビの主な食べ方は”刺身”、”塩焼き”、”味噌汁”の3つのようです。

調べたところによると、
刺身の味は最上。甘み、旨味があり、プリッとした食感。焼くとより甘みが強くなり、旨味の濃さも増す。
とのこと。

これは楽しみです。

オニエビの刺身

まずは刺身から。

殻が硬く、頭、腹と刺があるので殻を剥くのが一苦労です。

頭には海老味噌がたっぷり。こちらはあとで味噌汁にします。

オニエビ
オニエビ

むき終わった姿かこちら。↓ 甘海老よりも二回りほど大きく、とてもきれいな見た目です。

オニエビの刺身
オニエビの刺身

食べてみると評判の通り、甘みが強く、プリッとした食感もあり格別の美味しさ。

甘海老よりも甘味が強く感じられます。

オニエビの塩焼き

オニエビの塩焼き
オニエビの塩焼き

刺身のあまりの美味しさにほとんど刺身で食べてしまい、残った4匹をロースターで塩焼きにします。

あまり焼きすぎない程度で調理しました。

オニエビの塩焼き
オニエビの塩焼き

塩焼きにすると、旨味が強くなります。

身のほろっとした食感と旨味が最高に美味しいです。

海老味噌も絶品。塩焼きもかなりの美味しさ。

オニエビの味噌汁

刺身にした時に余ったオニエビの頭を出汁にした味噌汁です。

オニエビ 味噌汁
オニエビ 味噌汁

エビの出汁が効いていてコク深い味わい。

エビミソも入っていますので中までしっかりといただきます。

オニエビ 味噌汁
オニエビ 味噌汁

おしまいに

なかなか見かけることがない貴重な「オニエビ」。

いろいろな方法で頂きましたが、特にお刺身の味は絶品でした。

通信販売でも入手はできますが、もし鮮魚店で見かけた際には即買いをオススメします!

本文中で紹介の品のお値段

 

お値段13匹 800円 (税込み 864円)
レア度
コスパ
オススメ度
2021年3月現在