新橋のこってり濃厚魚介系豚骨ラーメン「麺家 いし川 」

新橋の少し特徴的なこってり濃厚の魚介系豚骨ラーメン「麺家いし川」。

こってり具合は家系に近いのですが、若干太めの麺と濃厚スープの組み合わせは家系とはまた違った独特のラーメンといった印象を受けます。

家系や東京豚骨醤油の少しボリューミーでこってりしたラーメンが好みであれば食べるべきラーメンであると言えます。

麺家いし川 立地とお店の様子について

「麺家いし川」は新橋駅烏森口から徒歩で約8分程度。

日比谷通り沿いから少しだけ奥に入った場所にありますが、ほぼ日比谷通りです。

麺家いし川 外観
麺家いし川 外観

大きい入り口の明るい店内で、ほぼ一列のカウンターが12席。

座席と壁の間は比較的広いのでカウンターのみですが”ゆったり”としています。これくらい広いと後ろを通る人に気を使わずにすむので嬉しいです。

麺家いし川 内観
麺家いし川 内観

お昼のピークに行ったことはないのですが、ピークの時間帯は満席+待ちが出るようです。

13:00以降のピーク外でも”満席”というほどではないのですが、お店にはひっきりなしにお客さんが来ています。

麺家いし川 メニューについて

麺家いし川のメニュー構成は2021年3月現在下記の通りとなっております。

  • らー麺 790円
  • 特製らー麺 1,000円
  • つけ麺 850円
  • 特製つけ麺 1,050円
  • ※夜限定あえ麺

らー麺は麺の量は200g 大盛り300gが+60円

つけ麺は麺お量が300g 大盛り400gが+60円

となります。

そのほか味玉やチャーシューと言ったトッピングも用意があります。

らー麺 

いし川 らー麺
いし川 らー麺

チャーシュー、シナチク、海苔と言ったトッピングに、油の浮いた透明度が低いスープは家系を想像させます。

ただ、麺は少し太めで、黄色味が強い独特の見た目をしており、一目で”いし川のらー麺”と認識ができるような外観です。

豚骨が強い若干粘性があるスープ。重ためのこってりとした口当たり。醤油の味があまり感じられない濃厚さです。

いし川 らー麺
いし川 らー麺

黄色が強い丸い麺。噛んだ時の食感も柔らかすぎず、硬すぎすで、家系のポソっとした感じとは違った独特の歯応えです。

もちっとした麺は食べ応えがあり、ボリュームを感じられます。

濃厚なスープを絡めてくるこの麺の食感はと味は癖になりそうです。

いし川 らー麺
いし川 らー麺

チャーシューはカウンターの奥のキッチンに並べてあるものを切り分けてくれています。

ほろっとした崩れる食感。デフォルトでは一枚ですがなかなかの食べ応えです。

いし川 らー麺
いし川 らー麺

食べ応えがある麺200gとこってりスープの組み合わせでなかなかのボリュームを感じさせてくれる一杯です。

おしまいに

いし川 らー麺
いし川 らー麺

新橋は美味しいラーメンがとにかく沢山あるのですが、その中でも筆者個人的にお気に入りのお店です。

スープのこってりさと重量感のある麺はとにかく食べ応え抜群。

デフォルトの「らー麺 200g」でもお腹いっぱいになります。そして300gへのアップグレードはたったの60円の追加。

重量感のあるラーメン、家系、こってり好きであれば是非試してみてください!

本文中で紹介のメニューとお値段

 

メニューとお値段らー麺 790円
満足度
コスパ
オススメ度
2021年3月現在

店舗詳細とアクセス

 

店舗名麺家 いし川
アクセスJR山手線ほか各線 新橋駅 烏森口より徒歩約8分
営業時間[月~金]11:00~15:00
[火~木]17:00~22:00(L.O.21:30)

【定休日】
土日祝祭日

2021年3月現在