【勝楽(しょうらく)】(@荒川区・日暮里_三河島)懐かしくも美味しい下町の町中華

繊維を取り扱うお店がずらっと並ぶ「繊維街」が有名な日暮里。

日暮里駅南口を出て、真っ直ぐ進んだ先にある週末には繊維を求めるお客さんで溢れる賑やかな通りです。

日暮里繊維街
日暮里繊維街

その日暮里繊維街でお買い物の際のランチや夕食に便利な町中華「勝楽」

45年以上の歴史があり、先代と息子が厨房に立つアットホームな雰囲気の中華料理です。

ラーメン400円台からと安くてボリュームがあり、メニューが豊富。
ちょい呑みにも使える下町の町中華の雰囲気を味わえるお店です。

勝楽 立地とお店について

「勝楽」外観
「勝楽」外観

「勝楽」はJR山手線他各線「日暮里駅・南口」を出て、日暮里繊維街を真っ直ぐ進み「尾竹橋通り」にぶつかる交差点の少し手前を左手に入った場所にあります。

日暮里駅からですと徒歩で約8、9分程度。

JR常磐線の「三河島駅」からも徒歩でアクセス可能で、駅前の「尾竹橋通り」を鶯谷駅方面に歩いていき、日暮里繊維街へ向かえばOKです。三河島駅の方が少し近く、徒歩で約6分程度です。

「勝楽」へのアクセス地図

「勝楽」店内の様子について

「勝楽」内観
「勝楽」内観
「勝楽」内観
「勝楽」内観

「勝楽」の店内はカウンターと4人掛けのテーブルで20席ほど。

常連さんがカウンターで一人で飲んだり、ローカルのお友達グループなどが楽しく食事をしたりと賑やかです。

ランチは15:00までで、ランチ終了間際になるとお客さんも少なくなってきます。

「勝楽」メニューについて

「勝楽」メニュー
「勝楽」メニュー
「勝楽」メニュー
「勝楽」メニュー

上の「勝楽」のメニューの写真は2021年11月現在のものです。

ラーメンが490円と500円を切る安さ。

チャーハン、カレーといった町中華の定番メニューは650円です。

人気のメニューは

  • タンメン 620円
  • あんかけカニチャーハン 720円
  • 餃子 430円
  • オムライス 750円

等です。
また鉄板の組み合わせが

  • ラーメン 490

  • 小チャーハン 410円

合計900円で腹一杯間違いなしのコンビです。

ラーメン

「勝楽」ラーメン
「勝楽」ラーメン

シンプル「ラーメン 490円」。チャーシュー、シナチク、メンマ、青菜が乗ったいわゆる中華そば的なラーメン。

「勝楽」ラーメン
「勝楽」ラーメン

スープは金色に透き通っており、旨いコクが出ています。

「勝楽」ラーメン
「勝楽」ラーメン

若干柔らかめの歯応えの細麺。

「勝楽」ラーメン&小チャーハン
「勝楽」ラーメン&小チャーハン

シンプルで基本の味のラーメン。490円は本当にコスパが良いです。

少チャーハン

「勝楽」小チャーハン
「勝楽」小チャーハン

ラーメンとの組み合わせが最高の「小チャーハン 410円」

ラーメンと一緒に頼むと合計金額が900円で1,000円だすと100円お釣りがきます。

「勝楽」小チャーハン
「勝楽」小チャーハン

比較的味濃いめで、チャーシューもゴロゴロと入っており、ガッツリと食べた感じがあるチャーハン。

小でもなかなかのボリュームがあります。

おしまいに

「勝楽」外観
「勝楽」外観

古くからある町中華ですが、Twitterやホームページで情報発信をしている今時の中華屋さん。

ホームページはすっきりとしたデザインで綺麗にまとめられていて、レスポンシブ化もされています。

勝楽 ホームページ

またTwitterの更新頻度も高く、こんなところにも丁寧な仕事ぶりが伺えます。

↓勝楽 Twitter↓

大通りから少し外れているので隠れ家的なお店ですが、ファンが多い町中華「勝楽」。

下町のローカルな雰囲気を楽しんで見てください!

紹介のメニューとお値段

 

メニューとお値段ラーメン 490円
 小チャーハン 410円
店内環境
接客対応
満足度
コスパ
オススメ度
2021年11月現在

店舗詳細と営業時間

 

店舗名勝楽(ショウラク)
アクセスJR山手線他各線 日暮里駅 南口より徒歩約9分
JR常磐線三河島駅より徒歩約6分
営業時間【日〜金曜日】
11:00~15:00
17:00〜21:00
【土曜日】
定休日
2021年11月現在