「ウチダザリガニ」を食べた”正直”な感想・実際に阿寒湖から取り寄せて食べてみました

ウチダザリガニ
ウチダザリガニ

ウチダザリガニとは?

ウチダザリガニ
ウチダザリガニ

「ウチダザリガニ」はアメリカザリガニと同様に戦前アメリカから日本に持ち込まれました。

目的は食用で北海道の「摩周湖」に放たれましたが、その後北海道各地に持ち出され、現在では生息地が東北・関東まで広がっています。

在来の生物の生息を脅かすことから2006年2月、外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、新しい放流・生きている個体の搬送が禁止されました。

そのため、生きている個体を食用として購入や採取することは出来ません。

アメリカザリガニよりも大きく成長して、海外では食材としてメジャーな存在です。

ウチダザリガニの入手方法

なぜわざわざ「ザリガニ」を取り寄せて食べてみようかと思ったのは、以前、IKEAで買ってきて生まれて初めて食べたザリガニと何か比較対象できるものが欲しかったからです。正直、まずくはないのですが、とびきり美味しいというほどでもないというのがアメリカザリガニを食べてみた印象。

↓こちら2019年に初めてザリガニを食べてみたときの記事です。よろしければこちらもどうぞ!

あの味が本当のザリガニの味なのか、2019年の記事に書いたことを実行すべく、別なザリガニを食べてみようとネットで調べていました。

ネットで調べていると北海道の阿寒湖で「ウチダザリガニ」という食べるために日本に導入された食専用のザリガニが取れるということ。

ただ購入しようにも、一般的な通販のポータルサイトでは取り扱っているところが見つからず、最終的に下記の

「阿寒湖漁業協同組合」のホームページから直接購入しました。

阿寒湖漁業協同組合ホームページ

※2020年現在、こちらのホームページから購入が可能です。

1kg1,800円からと個人で消費するには少し多いのですが、最小のロットが1kgからとのことで、こちらで確定。

漁期は5月上旬から11月下旬までとのことだったので今回5月の上旬にオーダーしましたが、メールで返信があり、

今年はまだ水温が低く、ザリガニは取れていないとの回答。

発送できるようになったらまた連絡しますとのことでした。

一週間程度後に再び連絡があり、発送できるようになったとのことで実際にザリガニが到着したのが5月の下旬頃となりました。

ウチダザリガニの到着

ザリガニは茹で上げたものを冷凍して、発泡スチロールの箱に入れられた状態で届きました。

おおよそですが40匹程度入っています。

ウチダザリガニ 到着
ウチダザリガニ 到着
ウチダザリガニ到着
ウチダザリガニ到着
茹でウチダザリガニを食べる
茹でウチダザリガニを食べる

ルックスはアメリカザリガニのスマートな姿とは異なり、ハサミも胴体ずんぐりとした印象。その分可食部分は少し多そうです。

ただ、想像よりも小さく、約10cm程度とアメリカザリガニとほぼ同じサイズ。

ウチダザリガニの生体は15cmを超えると言われているので、もう少し大きいものかと思っていました。

今回発注したのが5月と漁期が始まったばかりだったので、小さめのサイズだったのかもしれません。

冷凍されているので、食べる分のみを自然解凍して食べてみることにしました。

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

ウチダザリガニのお味

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

自然解凍が完了。とりあえずバラして食べてみたいと思います。

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

可食部分は主に尻尾、ハサミの肉の部分甲羅の裏の味噌の部分

ザリガニは歩留まりが悪いので食べる部分よりも捨てる部分の方が多いです。

まずはメインの尻尾の部分。

繊維質を感じられるプリプリとした食感で臭みもなく美味しいです。

完全にエビの様な食感ではなく、独特の食感です。

当たり前ですが味付けをしていないので少し塩気があるといいと思います。

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

次にハサミの部分、小さくて剥きづらいですが、食べることができます。

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

そして一番のお楽しみのエビ味噌?部分です。

量はかなり少ないですが、しっかりとコクがある味噌の味が楽しめます。

やはrここが1番美味しい。

ただ、個体によってはちょっと泥臭いものがあります。

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

最後にパスタに乗せてちょっとカッコつけてみました。

これはソースにエビを使ったわけではなく、トマトソースのパスタの上に乗せただけになるので完全に見た目だけなのですが、

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

それっぽく見えるので、こんな使い方もアリではないでしょうか?

ただのトマトクリームソースパスタがレストランの高級パスタの様になった気がします。

ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる
ウチダザリガニを食べてみる

おしまいに

ウチダザリガニ、素直に美味しいと言えると思います。特別な味がするとかではなく、単に素朴なエビの味ですが、ザリガニあるあるで一度食べ始めると止まらなくなってしまいます。

あの止まらなくなる現象は食べる作業と殻を外す作業を交互にやるからなのでしょうか?
殻を外すという作業が食べる動作との一連の作業になって延々と続けてしまうのかもしれません。
もしすでに剥かれたザリガニが山盛りさらに乗せられてあったら延々と食べ続けるかというとまた違うのかも。

結果的には満足の味だったのですが、送料を含めるとそれなりのお値段。40匹入っていたとしても1匹約100円とまあまあいい金額です。

1,800円という金額自体はかなり魅力的なのですが、送料で支払い総額の約半分と考えると、しょっちゅうリピートするというのも少しコスパが悪い気がします。

実際に現地に行く機会があれば是非また再度チャレンジしてみたいですね。

本日のメニューボイル・ウチダザリガニ(両ツメ)【天然】
お値段1,800円(税抜き)※消費税144円
その他諸費用送料(冷凍)   1350円
箱        200円
代引手数料    300円
————————————–
1,850(税抜き)※消費税185円

総合計
3,979円(税込み)
満足度★★★★
コスパ★★★
オススメ度★★★★
美味しさ★★★★
2020年5月現在